FC2ブログ

がん患者のための    リンパドレナージュ
リンパ浮腫の患者様だけでなく、心や身体が疲れている全ての方のためのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

乳がん診療ガイドライン

先日、乳がんの患者サポート団体のプチセミナーに参加してきました。2年に一回出されている乳がん診療ガイドラインについて聴いてきました。EBMといってエビデンスに基づいた治療というのは皆さんご存知かと思います。その評価基準に推奨グレードというのがあります。A:十分なエビデンスがあり、強く推奨される。B:日常診療で実践するように推奨する。C:エビデンスが十分でない。注意しながら実践する。D:実践しないようにする。というものです。
まず、乳がんの手術で大きな分かれ目は温存か切除かという問題がありますが、病期Ⅰ,Ⅱの乳がんに対する温存療法がAになりました。温存でも乳房切除でも生存率は同じであるという強力なエビデンスがあるというのがその根拠です。
次に術前の化学療法あるいはホルモン療法についてはBランクです。化学療法やホルモン療法を手術前にしても手術後にしても生存率は同じで、同じ温存手術でも小さく切除できるという事になります。
さらにセンチネルリンパ節生検で陰性であればリンパ節の郭清は省略するというのが以前はCからBになっていたのですが、今回Aに昇格しました。ただし、術前化学療法をしてからセンチネルをするのはCだとされています。何故ならばセンチネルをした時点で陰性ならば化学療法によって無くなったものなのかどうかがわからない、つまり抗がん剤をスタートした時点でリンパ節転移があったのかどうかがわからないという理由です。ですから順番としては化学療法を始める前にセンチネル生検をする事になります。
私が手術をした6年前に比べて治療は大変進んできていると思いました。リンパ節の郭清をしなくてもいい人が増えればリンパ浮腫の患者の数は少なくなってくるでしょう。でも、センチネルをしても陽性である場合は治療の一環としてリンパ節は切除するお約束になっています。という事はリンパ浮腫の可能性がゼロになるわけではありません。そして、リンパ浮腫になってしまったら、最大の治療は
”進行させない事”なのです。その為には患者さん本人が自分の身体に何が起こっているのかをよく理解して何をするべきか何を避けるべきかという知識を持つ事が大変重要になってきます。ですが、まだまだその情報提供が不十分であったり、ともすれば適切ではない情報提供をしてしまっている現実もおこっています。私はこの事を考えると心穏やかではいられなくなり、多くのリンパ浮腫の患者さんにお伝えしたい気持ちで一杯になるのです。そのせいで、つい焦ったり悲しくなったりしてしまう私ですが、先ずはPT取得をすることが大切な事と思い定めました。今日は敬老の日。午前中は教会のバザーの売り子になって、夕方からは「生理学」に取り組んで過ごしたのでした。
  1. 2008/09/15(月) 23:04:28|
  2. 情報
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:1

はじめまして

乳がんではりませんが・・・・・
下肢のリンパ浮腫です。(そうです、お察しの通りの病気をしました。。。)

で、
リリーさんのブログで、リリーさんのたくましさ、シンガポールに単身留学?!に、恐れおののいています。
それ以上に、尊敬しますっ。

2000年にオペをし、
2007.5に右足の浮腫
2008.6に左足も浮腫む・・・・
(左右違いが出ないから、良いかな?なんて、半ば自虐的。。。。)
勿論、病院の弾性ストッキングは着用しています。
気をつけていて、左足も浮腫んだので・・・
かなり落ち込みます。
(ですので、考えないようにしています。)

初めてのコメントで、やたら暗くなりましたが・・・

今後とも、よろしくお願い申し上げます。
  1. 2008/11/29(土) 12:34:50 |
  2. URL |
  3. けんとん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

リンフ☆リバー

Author:リンフ☆リバー
私はリンパ浮腫・むくみ専門サロンリンフ☆リバーのセラピストです。私自身、乳がんの全摘と腋窩リンパ節郭清を経験しております。リンパ浮腫の苦労も並大抵ではありませんでした。でも、そこから出発してセルフケアをする事が出来るようになりました。この経験を通して様々な辛さを持っているかもしれないあなたと繋がる事ができるのだと信じています。このブログがあなたの小さな助けとなりますように。

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。