FC2ブログ

がん患者のための    リンパドレナージュ
リンパ浮腫の患者様だけでなく、心や身体が疲れている全ての方のためのブログ

手術でリンパ節とリンパ管に起こった事

乳がんの手術に際して、センチネル生検をして尚且つ検査結果が陰性だった、という場合以外は大抵腋下リンパ節を切除されます。それはリンパ節の内部あるいはその周辺にがん細胞が存在したからです。再発と転移を確実に防ぐという意味で、このリンパ節切除は必ずしなければならない事なのです。
さて、私たちの身体のリンパ節の数や位置、そしてリンパ管の通り道には個人差があります。ただリンパ管の流れ方には一定のパターンがあるのです。リンパ管の流れはまるで身体を区分するかのように『分水嶺』と呼ばれる境界線によって分けられています。体幹の部分は4つに分けられ、腕はそれぞれ6つに分けられています。この『分水嶺』と『境界線』という考え方によって、何故腕の一部分だけが浮腫む場合があるのかという事が理解できるようになりました。ある領域が一つブロックされる事によって、腕や脚の一部分だけが浮腫むのです。という事は、一つの領域がせき止められている場合は流れの良い領域へと境界線を越えて流れの道筋をつけてあげる事が出来るのです。これがリンパ浮腫トリートメントの基本となる考え方なのです。
  1. 2008/04/23(水) 00:23:50|
  2. リンパ系
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:0

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

リンフ☆リバー

Author:リンフ☆リバー
私はリンパ浮腫・むくみ専門サロンリンフ☆リバーのセラピストです。私自身、乳がんの全摘と腋窩リンパ節郭清を経験しております。リンパ浮腫の苦労も並大抵ではありませんでした。でも、そこから出発してセルフケアをする事が出来るようになりました。この経験を通して様々な辛さを持っているかもしれないあなたと繋がる事ができるのだと信じています。このブログがあなたの小さな助けとなりますように。

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する