FC2ブログ

がん患者のための    リンパドレナージュ
リンパ浮腫の患者様だけでなく、心や身体が疲れている全ての方のためのブログ

アメリカではリンパ浮腫の臨床試験

アメリカではリンパ浮腫の知名度は日本より高いようです。
米国国立癌研究所(NCI)のオンライン誌日本語版を読んでいたら、リンパ浮腫の予防に関する臨床試験が行われるという記事を見つけました。
「リンパ浮腫予防のための教育と運動」を予防教育として実施するべきかどうかの比較試験だそうです。

「乳癌の手術では病側の乳房に近い部分の脇の下にあるリンパ節を切除して検査することがある(腋窩リンパ節郭清とよばれる)。この方法は癌がリンパ節に転移しているかどうか判断するためのものであるが、このリンパ節郭清の一般的な副作用として、手術した乳房と同側の腕や手がリンパ液の貯留によってむくみ、リンパ浮腫となることがある。リンパ浮腫はしばしば患者に相当な苦痛を与える。リンパ浮腫と共存しやすくしたり、場合によってはリンパ浮腫を予防できるいくつかの手段がある。リンパ節郭清を受けた女性は、リンパ浮腫の認識や予防法についての教育を受けるべきである。
この試験では、リンパ節郭清を受ける予定のある新たに診断された乳癌女性において、リンパ浮腫予防教育プログラムに対して、運動療法とカウンセリングを同教育プログラムに追加したものを比較する。研究班は、教育、運動、カウンセリングがリンパ浮腫を予防できるか、また起こった場合でも軽度で抑えられるかを調べる。」
というのが試験の概要です。
この試験の責任者のDr. Electra Paskett医師自身がリンパ浮腫を抱えて生活する乳癌生存者だそうです。
新たにステージ1~3と診断された18歳以上の乳癌女性で、10個以上の腋窩リンパ節郭清を予定している女性560人をこれから登録するそうです。その募集をしている病院を数えましたらアメリカ全土で19箇所もありました。
アメリカという国の踏みこんだ意識、具体的な形にしていく実行力が素晴らしいと思いました。
日本でも将来的にこのような教育プログラムがきちんと整えられていけばいいなあと心から思いました。

にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ←サポートのお願いです。クリックを!

  1. 2007/09/26(水) 15:33:06|
  2. 情報
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:0

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

リンフ☆リバー

Author:リンフ☆リバー
私はリンパ浮腫・むくみ専門サロンリンフ☆リバーのセラピストです。私自身、乳がんの全摘と腋窩リンパ節郭清を経験しております。リンパ浮腫の苦労も並大抵ではありませんでした。でも、そこから出発してセルフケアをする事が出来るようになりました。この経験を通して様々な辛さを持っているかもしれないあなたと繋がる事ができるのだと信じています。このブログがあなたの小さな助けとなりますように。

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する