FC2ブログ

がん患者のための    リンパドレナージュ
リンパ浮腫の患者様だけでなく、心や身体が疲れている全ての方のためのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

抗がん剤で副作用が起こる訳

抗がん剤は元々毒物なので副作用があって当たり前なのです。それが何故起こるのかを知った時、私はすごく納得しました。これを化学療法を受ける時に聞いていたら、もっと治療を受け入れやすかったのになァと思います。
手術でがんを取り去ったとしても乳管や小葉の膜を破っているとすれば、初期の段階で、近くのリンパ節に転移すると同時に全身のどこかに運ばれているという可能性があります。この何処に飛び散ったか分からない目に見えないぐらいの微小な転移を徹底的に絶やしてしまおうというのが抗がん剤治療です。
がん細胞は正常な細胞に比べて、無秩序に早い細胞分裂をするという特徴を持っています。抗がん剤は血液の流れに乗って全身の細胞に運ばれ、この特徴を持つ細胞をターゲットにして作用します。この時、がん細胞だけでなく正常細胞のうちでも細胞分裂の早い細胞(血液を作り出す骨髄細胞、毛母細胞、爪や皮膚の細胞、胃腸の粘膜など)にも影響を与えてしまいます。分裂増殖をする為の材料を取り込めなくしたり、DNAに障害を与えたりするのです。その結果がん細胞にダメージを与えると同時に、白血球減少、脱毛、吐き気などの副作用を起こしてしまいます。しかし頼もしい事に、正常細胞はがん細胞より抗がん剤に対する耐性が強いため、3週間ほどで回復します。そのタイミングを逃さず、がん細胞が回復する前に次の抗がん剤を投与します。それを繰り返してがん細胞だけを叩いていくようにするのです。

にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ←サポートのお願いです。クリックを!

  1. 2007/09/18(火) 06:59:52|
  2. 勉強
  3.  | トラックバック:1
  4.  | コメント:0

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する

抗がん剤 副作用

抗がん剤過剰投与で男性患者死亡 三重・松阪中央総合病院東京新聞病院側によると、今年1-2月ごろ、入院中の同県内の男性に対し、医師が誤って正規の量よりも多く抗がん剤の投与を指示。副作用が強く出たため、5日後に投与をやめたが、男性は数日後に呼吸不全で死亡した
  1. 2007/10/01(月) 23:05:14 |
  2. 抗がん剤治療 その時あなたは?
  

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

リンフ☆リバー

Author:リンフ☆リバー
私はリンパ浮腫・むくみ専門サロンリンフ☆リバーのセラピストです。私自身、乳がんの全摘と腋窩リンパ節郭清を経験しております。リンパ浮腫の苦労も並大抵ではありませんでした。でも、そこから出発してセルフケアをする事が出来るようになりました。この経験を通して様々な辛さを持っているかもしれないあなたと繋がる事ができるのだと信じています。このブログがあなたの小さな助けとなりますように。

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。