FC2ブログ

がん患者のための    リンパドレナージュ
リンパ浮腫の患者様だけでなく、心や身体が疲れている全ての方のためのブログ

化学療法のルーツPart2

1970年代前半といえば今から高々30年ちょっと前ですが、その頃から乳がん術後の化学療法の有効性を検討する為に比較試験が行われ始めました。この試験はアメリカとイタリアを主流として行われ、手術単独だけのグループと化学療法を12サイクル行ったものでした。その結果最初の治療として手術の後に一年ぐらい頑張って抗がん剤を続けたグループで再発も死亡率も抑えられたというエビデンス(証拠)が得られました。これが始まりとなって乳がん治療のための化学療法の臨床試験が積み重ねられて新しいお薬が加わったり、外れるお薬があったりして現在に至っています。その間、どういう患者さんにどういう治療をするかは国の間でも、専門家の間でも少しずつ違っていて世界でも一致した見解がありませんでした。そこで1978年からスイスの東の端にある『ザンクトガレン』という町に世界中の乳がん専門のドクターが集まって合意をして世界的な基準を明確にするようになってきました。
私たちが現在受けている化学療法は、過去30年ちょっとの間にかなりの数の乳がんの先輩達が歴史を積み重ねてきた賜物なのだ、との思いを新たにしました。

にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ←サポートのお願いです。クリックを!
  1. 2007/09/17(月) 09:37:06|
  2. 勉強
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:0

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

リンフ☆リバー

Author:リンフ☆リバー
私はリンパ浮腫・むくみ専門サロンリンフ☆リバーのセラピストです。私自身、乳がんの全摘と腋窩リンパ節郭清を経験しております。リンパ浮腫の苦労も並大抵ではありませんでした。でも、そこから出発してセルフケアをする事が出来るようになりました。この経験を通して様々な辛さを持っているかもしれないあなたと繋がる事ができるのだと信じています。このブログがあなたの小さな助けとなりますように。

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する