FC2ブログ

がん患者のための    リンパドレナージュ
リンパ浮腫の患者様だけでなく、心や身体が疲れている全ての方のためのブログ

いのち愛ずる姫



昨日は思いがけなく、素晴らしい舞台へのご招待がありました。体調を崩した友人の代わりに急遽お声がかかったのです。以前所属していた朗読ボランティアグループの現役の友人からのお誘いだったので期待して会場に向かいました。一台のピアノとスライド、そして二人の朗読者だけの舞台でしたが、とても豊かな世界を味わう事ができました。テーマは『細胞って何?いのちって何?』で、ゲノムからDNAを読み解く生命誌を提唱する生物学者と童話作家の二人の女性の共作で、源氏物語と同じ位の時期に書かれた「堤中納言物語」の中の『蟲愛ずる姫君』というお話をヒントに書かれたお話になっていました。舞台は朗読ミュージカルでしたが、同じ内容が絵本にもなっていたので買い求めたのがこの写真です。お話の内容とスライドに使われた絵、に加えて良かったのが出演者でした。今まで見聞きしてきた朗読の中でも最高に人情味が感じられ、温かいものが胸の中に湧き起こりました。ユーモア溢れる台詞は多彩で、細胞達がそれぞれ色々な言葉遣いで話します。バクテリアは威勢のいいベランメエ口調、ミドリムシは京ことば、シダは東北生まれといった具合です。私は自分の身体の中の細胞達の声に耳を澄ませてみたいという気持ちになりました。

「いのち愛ずる姫」
中村 佳子・山崎 陽子 作、
堀 文子 画、
森田 克子・大野 恵美 朗読
2007年9月13日 京都府民ホール アルティにて
にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ←サポートのお願いです。クリックを!
  1. 2007/09/14(金) 15:33:16|
  2. 勉強
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:0

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

リンフ☆リバー

Author:リンフ☆リバー
私はリンパ浮腫・むくみ専門サロンリンフ☆リバーのセラピストです。私自身、乳がんの全摘と腋窩リンパ節郭清を経験しております。リンパ浮腫の苦労も並大抵ではありませんでした。でも、そこから出発してセルフケアをする事が出来るようになりました。この経験を通して様々な辛さを持っているかもしれないあなたと繋がる事ができるのだと信じています。このブログがあなたの小さな助けとなりますように。

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する