がん患者のための    リンパドレナージュ
リンパ浮腫の患者様だけでなく、心や身体が疲れている全ての方のためのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

京大病院のカフェ

母の診察の付き添いで京大病院へ。正面玄関に入ってすぐストリングス音楽とコーヒーの香りに迎えらる。身体も心もいたわりを必要とする人が集まるこういう処だからこそこんな空間が値打ちあるなあって思う。くつろいでホッとしている自分を思い出させてくれるコーヒーのアロマ効果だなあ(⌒▽⌒)
photo.jpg
スポンサーサイト
  1. 2012/05/16(水) 17:33:26|
  2. 雑感
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:0

”Never Let Me Go” by カズオ・イシグロ 

この映画の原作者は長崎生まれのイギリス人、カズオ・イシグロ。1989年発表の「日の名残り」で英国最大の文学賞、ブッカー賞を受賞している。先月日本語訳を読み、、本日映画「わたしを離さないで」を観た。ストーリーが想像を絶するものであるだけに、映画を観ただけではついて行けなかっただろうと思う。本を読んでから映画を観るべき作品だと思った。「命」「魂」「愛」を深く考えていくきっかけになった。臓器提供という話を通して、人間の中に宿る本質的なものを見据えていこうとする作者のパッションが伝わってきた。それは原作、映画共に、ぎりぎりまで抑制して表現されている。主人公キャリー・マリガンが涙を流すいくつかのシーンがあったが、彼女は一定の秩序の中に抑え込んでいる情熱のほとばしりを見事に演じていると思う。
  1. 2012/05/14(月) 00:25:36|
  2. 雑感
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:0

国試合格しました!

卒業式の後、謝恩会で
本当に、本当に長らくブログを更新していませんでした。
その間に、理学療法の勉強では最終段階でかなりきつい時期を通っていました。
何と言っても22歳の若者達と同じ事をするのですから、正直ダメかもしれないと何回も思いました。
それでもお陰様で
第47回理学療法士国家試験に合格させていただきました!!!
ということで今年からは私の経験と技術と医療知識を有効に使っていきたいと思っています。
理学療法士としての仕事とリンパドレナージュのサロンワークを自分の中でどのように融合していこうかと模索中です。
今、サロンは準備段階ということでしばらくお待ちいただいています。
HPも一旦削除させていただきました。
リニューアルした上で改めてお知らせさせていただきます。
ご無沙汰いたしましたお詫びとご挨拶の更新をさせていただきました。
  1. 2012/05/06(日) 21:00:40|
  2. 未分類
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:2

東日本大震災

東日本大震災で被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。
皆様の健康状態が気がかりです。
不自由な生活が長引くにつれ、心身のお疲れも相当なものになっていると思います。
たまたま関西では今回は地震がありませんでしたが、日本人の心を一つにして、復興へ向かっていくために
何らかのお手伝いをしていきたいという思いでいます。
あまり思い詰めずに出来ることから一つずつ進めていきましょう。
一人一人の力は小さくても、思いが集まって同期化すれば大きなパワーになると思います。
だから、私も私の持ち場で出来る限りを尽くしていきたいと思います。
  1. 2011/05/07(土) 23:30:40|
  2. 雑感
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:0

新しい年

2011年になりました.
今年は私の人生の中でも最も大きなチャレンジの年になると予測されます.
理学療法の学校の最終学年であり,臨床実習に入ります.
それもリンパ浮腫専門の病院に行くことになっています.
医療職の資格を取得するということが簡単なことではないということが
身体に染みこむのだろうと思います.
と同時に,患者様の障害の全体像をきちんと評価することができて,
治療プログラムを立てられる専門家としての誇りも持つことが出来るのではないかと
期待しています.
京都では大雪の大晦日となり,新しい年を迎えるにあたり身も心も引き締まった限りです.
  1. 2011/01/03(月) 09:11:36|
  2. 勉強
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:0

千の風になって

8月と9月は何週間か,ずっと病床の父に付き添っていました.
そして9月28日,夜遅く父は天に召されました.
最期まで本当に勇敢に戦い抜きました.
あまりのスピードに戸惑いながらも,
自分に出来る限りのサポートをすることが出来たと
感じています.
短い闘病期間を加速度的に突き進んでゆく姿は
本当に潔く,鮮やかでした.
亡くなる当日の午前中に病院の
新病棟の一番良いお部屋に移り,
素晴らしい環境の中で最期の瞬間を持つことが出来ました.
父の最後の一呼吸まで私は呼吸介助をしていました.
父は最期の瞬間に目を見開いて母の顔をしっかり見つめて息を引き取りました.
お世話になったドクター,家族や親戚,大切な友人に
きちんと挨拶をして,お礼を言って,お別れをして,
落ち着いた態度で旅立ちました.
父を取り囲む人達の心が一致して,優しく穏やかになりました.
父が残してくれたお恵みには計り知れないものがあると思います.


  1. 2010/10/08(金) 00:14:35|
  2. ポエム
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:0

お勉強

今ようやく夏休みに入っています.前期の期末試験はまずまずの出来で追再試はありませんでした.夏休みと言っても課題が色々あるので時間があれば勉強しなければならない状態です.そこで今日はリンパ系について少しずつお浚いしてみたいと思います.
毛細血管から組織の中へ滲出した体液を組織液といいます.組織液の90%は再び毛細血管の静脈側にもどりますが,残りの10%は毛細リンパ管に入ります.リンパ管内へ注いだ体液をリンパ液といいます.リンパ系では心臓のように駆動装置がないので,リンパ菅には弁がきわめて良く発達し,静脈と同様に骨格筋の収縮や隣接する動脈などの拍動によってマッサージをされるように圧迫され,リンパの還流が促進されます.リンパ管内のリンパは最終的には左右の静脈角(内頚静脈と鎖骨下静脈合流部)で静脈に注ぎます.
次回に続く
  1. 2010/08/22(日) 22:59:11|
  2. リンパ系
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:3

自らを癒す

リンパ浮腫と共に毎日を過ごしていく人にとってリンパドレナージの時間を確保することはとても大切なこと。
ですが、毎日毎日ですからご本人のスケジュール管理の中で思うようにいかない事もあるでしょう。時には負担になってしまうこともありがちです。そう、それは当たり前のことです。私にとってもそうですから。調子が良ければサボってしまう事もあり、時間がどうしても取れないこともありますよね。そこで考えました。セルフドレナージの時間はあなたにとって何でしょう。『義務』『治療』『必要なこと』『めんどうなこと』になってしまっていますか?テレビを観ながら、何かをしながらしていますか?私は好きなドラマを観ながらというケースが多いものの、実のところドラマをのんびり観ている場合ではないという現実が存在します。そこで、発想を変えてみました。リンパドレナージをする時間を自分の心と語らう時にしてみませんか。私たちは一日の中で様々な感情を体験しています。その感情が私たちの細胞の一つ一つ、リンパの流れにも影響を与えていることをもう一度思い出してみましょう。眠りにつく前に自分の心を優しくドレナージしてあげる、手は身体の流れを作っていながら、注意は他に向いているというのでは、もったいない話です。もし心が弱っていたら自分で癒してあげましょう。それはもしかしたら、リンパ浮腫の患者さんだけに与えられた素敵な一時なのかもしれません。
  1. 2010/06/28(月) 08:50:47|
  2. リンパ浮腫
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:0

能楽鑑賞

ゴールデンウィークに友人のお能の会を観させていただきました。
久しぶりに地謡とお囃子の音を間近に聞いて
胸躍る一日となりました。
本当に良いものですね。
実は30数年前になりますが、私が19歳の五月に
同じ観世会館で
今日友人が舞囃子で出演した同じ演目「羽衣」の
仕舞に出させていただいた事が重なって、
本当に感無量でした。
この年月の間に私の通ってきた道、友人が刻んできた時間
が重なるように舞台の上に繰り広げられる気がしました。
人生を長く生きるほどにその味わいは深くなり、
その人そのものが立ちのぼってくる感がありました。
それは能楽においても、現実生活においても、仕事においても言えることのような気がします。

お能とは又別ですが、私のお気に入りの歌を貼り付けてみます。



  1. 2010/05/08(土) 00:38:20|
  2. 日常生活
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:0

朝霧高原

P4180521 (Small)

昨日、富士山の麓の朝霧高原に日帰りをしてきました。
日本ホリスティック医学協会のワークショップに参加したのですが、
非常に充実した一日でした。
ワークショップやパネルディスカッションも質の高い物でしたし、
去年の夏開設された朝霧高原診療所の見学、あたりの散策、お食事など非常に有意義でした。
富士の湧き水を手ですくって喉を潤した時、エネルギーが体に染み渡るような気がしました。
清らかで崇高な感じの気が辺りに満ちていました。
きれいに晴れてはいなかったので見え隠れする富士山にいちいちワーワーと感激していました。
写真は帰りの走行中のバスの窓から撮った物です。
奇跡的なワンショットです。
  1. 2010/04/20(火) 01:33:04|
  2. 情報
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:0

イルカ漁告発映画、アカデミー賞

太地町のイルカ漁の写真と記事を前にCNNで見たことがあり、その時も非常に驚きました。自分の知る限りでは日本人がイルカを食用にしている事も海を真っ赤に染めて漁をする事も初耳でした。まさかそんな事、「何かの間違い」だとばかり思っていました。又シーシェパードの言い分をメディアを使って脚色してあるんだと信じていました。だって、そんな話多くの日本人は知らされていないでしょう?知らなかったのは私だけだったんでしょうか。。。和歌山の人達が水銀を多く含有したイルカをスーパーや小学校の給食で何も知らずに食べている、だなんて現代の日本である事だとはとても信じられません。汚染だとか食品偽装には非常に神経質な日本でイルカを鯨だとウソをつくなんて、普通放っておかないですよね?本当の所、どうなんでしょう。少し心配になってきました。太地町の方々の明確な反論が待たれます。
  1. 2010/03/09(火) 01:21:52|
  2. 雑感
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:0

相模原の妻嘱託殺人判決

相模原の妻殺害:嘱託殺人、執行猶予 「深い同情感じる」--地裁判決 /神奈川
 のニュースには考えさせられました。
ALS(amyotrophic lateral sclerosis 筋萎縮性側索硬化症)に苦しむ当時40歳の息子さんに頼まれて5年前に人工呼吸器のスイッチを切り、自らが執行猶予中だった妻を夫が嘱託殺人したという経緯を知りました。
妻はうつ病を患っていて自殺願望が強かった中を、これまで生きるように説得し続けてきた夫が最後に取った行動でした。次第次第に身体の自由が奪われて飲み込むことも、呼吸することも出来なくなっていく病気の息子を介護する母の心情はどんなに苦しかったでしょう。「お父さんここよ、ここ」と頸動脈を指し示されて妻を失血死させた夫を責めることは誰にも出来る事ではないでしょう。
ALSという病気を患う方とそのご家族の苦しみが衝撃的なニュースとして明らかになったといえるでしょう。
この病気については去年授業で学び、この病気の患者さんへのリハビリとは如何にあるべきかとのレポートもしました。このニュースを聞いて、理学療法士を始め、各医療従事者の多くが衝撃を受けていると思います。
病気という重荷を背負う人への温情がこもった判決に私も思いを深くした次第です。
  1. 2010/03/08(月) 08:12:03|
  2. 雑感
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:0

2つの驚き。5歳の男の子の死、愛子様のお休み

 ニュースを聞いて本当に驚きました。我が子にそんな仕打ちが出来るとは。本当に可哀想です。何も知らずにこんなにひどい親の下に生まれてきて、痛くて、悲しくて、お腹が空いて、心も体もぼろぼろに傷ついて疲れ果てて天国に召された小さな五歳の坊やは、今安らいでいるでしょうか。
又々驚いたのが愛子様のニュース。友達が廊下を勢いよく走っただけで学校に行けなくなる程の不安を感じられたとか。事の真相は庶民には測りかねる部分にあるに違いありませんが、皇女様として愛子様が強さを備えていかれる為の一つのステップなのかも知れませんね。こころから安心できるまでゆっくりなさり、成長への階段を一つ又越えられることを願い信じることにしました。
  1. 2010/03/07(日) 22:16:27|
  2. 雑感
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:0

ソシオエステ

先週、参加したセミナーで発表されたドクターのお話の中に出てきた言葉です。私も初めて耳にしました。先生の診療所で入院患者様、特にターミナル・ステージにいらっしゃる方へのエステサービスの事で「ソシオエステ」と言います。フランスでは医療エステとしてきちんとした認定制度もあるそうです。
ビデオでの紹介でしたが、入院されているお部屋で椅子に座ってもらっての簡単なエステとメイクの施術をされてました。施術前は患者さんという感じだった方が見違えるように綺麗になり、患者さんご自身でもそう感じられたのでしょう、表情がとても輝いたんです。その方は先生のお話によるとその施術の2週間後に亡くなったそうです。でも、その綺麗にメイクしてもらった嬉しそうな幸せそうなお顔を写真に撮って残すことが出来て、ご家族にとってもご本人にとってもとても意味深いエステだったのではないかと思いました。女性にとって綺麗になる、お顔をケアすると言うことが人生の最終ステージにおける大きな癒しであるということはもっともっと大事にして良いことなのではないかと思いました。リンパドレナージ、アロマ、理学療法、エステこれらを色々な形でブレンドして患者様のQOL向上に役立てることは大いに可能であると思いました。
  1. 2010/02/28(日) 23:11:25|
  2. 勉強
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:0

納得できないフィギュアスケート

ショートプログラムの時から,どう考えてもあの点数の開きには納得がいきませんでした。浅田真央選手の努力が結実したともいえる素晴らしい技術点をキム・ヨナ選手の演技力が上回るなんて。これではフィギュアスケートをスポーツとしてオリンピックに数える意味があるんでしょうかと問いたくなります。キム・ヨナ選手は確かに観ていて綺麗ではありましたが,荒川静香さんの時のような魂を揺さぶられるような感動は全くありませんでした。何故か清々しさを感じることがありませんでした。それはキム・ヨナ選手の不敵な態度もあり、真央ちゃんに対する尊敬と同情もあるでしょう。しかし一番大きかったのはフィギュアスケートという種目のジャッジに対する不信感でした。荒川静香さん、高橋大輔君への感動を最後に私はフィギュアスケート自体に対する気持ちが冷めてしまいました。皆さんはいかがでしたか?
  1. 2010/02/27(土) 00:49:13|
  2. 雑感
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:0

プロセスコミュニケーションモデル

本日、プロセスコミュニケーションモデル、略してPCMという勉強会に一日中参加していました。フロイト、ユングを臨床心理に応用していった交流分析、略してTAというのは皆様ご存じだと思いますが、そのもう一歩実際的にしたものがPCMです。今日のテーマは「自分を知る」でした。まずは自分という人間の心の中はどういう構造になっていて、その心は自分を取り巻く環境や出来事をどのように認知しているのかを知っていきます。まずは自分自身の探究をしてこそ、他者を理解する事が出来るというものです。このメソッドは本当に実生活に役立つんですよね~!!!
そしてその勉強会を通じて得られる人脈、出会い、ご縁には得も言われぬ貴重な恵みを感じます。
私は実は昨日まで小さな疲れの積み重なりでずいぶんエネルギーが落ちていましたが、今日でグン!と持ち上がりました。明日からの仕事と勉強へのモチベーションがすごく高まりました。私には仕事と勉強の両輪が必要なのだとも改めて感じる事が出来ました。久しぶりのお休みに真に必要としていた時間の使い方が出来たととても満たされた思いです。
  1. 2010/02/07(日) 21:46:11|
  2. 情報
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:0

立春

昔は立春が一年の初めだったのでその前日の節分は大晦日のようなものなんですね。節分の豆まきというのは一年の厄を祓って良い年を迎えるってことだったんですね。さて、皆様はどんな年始めをお迎えでしょうか?私は年明け早々学校でのテストに追いまくられて先週末ようやく一段落しました。(後もう一つ実技テストが残っていますが)学校の勉強も大変難しく、この歳になってこんなに能力開発してしまう事になるとは自分でも驚きです。約二年間、人体の事を学んできましたが、この頃ようやく少し輪郭が見えてきたかなと言う感じです。最近はホスピス病棟に伺う事も多くあり、この仕事をやっていくのにはきちんとした医学的な知識は絶対に必要だったなあと痛感するこの頃です。現場を経験すればするほど現場の自信を裏付ける知識が不可欠だと言う事です。技術と知識と経験、この三拍子が揃ってこそプロフェッショナルと言えるのではないかと思います。さて、これからの1年は理学療法の実習に出るための準備期間ですが、真剣に仕事と勉強の両立を図りたいと思っています。
  1. 2010/02/02(火) 09:44:24|
  2. ポエム
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:0

ゆく年くる年

あと2時間ほどで2009年が終わります。
今年はブログの更新がなかなか出来ないほど、仕事と勉強でかなり忙しくしていました。
そんな状態であるにも関わらず訪れてくださった方々に心から御礼申し上げます。
今年はリンフ☆リバーをご愛顧いただく患者様が大変多くなりました。ブログやホームページから来てくださる方と共に、口コミでの広がりが一番多くて皆さんリピートしてくださいます。ほとんどすべての方ががん患者様で、手術から間もなくて現在も治療中という方も多いです。お一人お一人の方が本当に素敵です。大きな手術を乗り越えて治療と取り組み、思いも寄らない腕や脚の浮腫という問題にきちんと対処しようとしておられます。そして、12月12日にはクリスマス会を催し、リンフ☆リバーを通してのご縁をつなぐ事も実行できました。
又、今この時も病室のベッドで年越しをしておられる患者様もおられます。今年は病院への訪問トリートメントも多く行っており、患者様が施術の後で笑顔になってくださる事が私にとって最高の喜びです。
多くの患者様に力を尽くす為に私は来年以降も一生懸命精進しようと固く心に誓っています。
来る2010年がこのブログを読んでくださる皆様にとって恵みあふれる年でありますように心からお祈りいたします。
  1. 2009/12/31(木) 22:17:56|
  2. ポエム
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:0

中秋の名月

今日は旧暦の8月15日、十五夜ですね。私は京都府立植物園の芝に寝転んでお月様を拝見してきました。空高くから多くの人々に降り注ぐ月明かりと虫の声、そして京都出身のキッサコというボーカルユニット、そしてEPOの歌声を楽しみました。この催しは今年で17回目だそうですが、今まで植物園がこんな事をしているって全然知りませんでした。夜の植物園が開放されるのは年に三回で、春の桜のライトアップとクリスマスのイルミネーション、そして今日の「名月観賞の夕べ」だそうです。京都の植物園おしゃれな事やるんですね。見直しました。一年を通してそれぞれの季節の植物を感じる事のできるところが、こんなに近くにありました。自分がこの地球上で生かされている生命の一部であることが実感できる場所として私のお気に入りになりました。
  1. 2009/10/03(土) 21:35:27|
  2. ポエム
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:1

秋の気配

気がつけばもう9月でした。と言うのも、つい3日前に学校の試験がようやく終わった所で、私は世の中が夏休みであるとか、お盆であるとかを余り意識する事無く日々を過ごしておりました。2年目の勉強は1年目の基礎を踏まえた上での専門分野に入っております。内容が非常に細かく、理解力、記憶力共にイッパイイッパイの状態で突き進んでいる状態でした。それと同時にリンパ浮腫のお客様の為に一生懸命サロンの活動もしているものですから、季節感などを味わっている余裕はありませんでした。試験からやっと開放されてみると今はもう秋と呼ばれる季節になっていました。
そうなんです。一年の中で一番好きな季節です。この土日のお休みで、私は素敵な素敵な日本の秋の気分を満喫してしまいました。趣味の源氏物語の講座へ行ったり、日本文化のあるいは京都の文化の素晴らしさに心ゆくまでうっとりさせてもらいました。
昨夜は満月の夜でしたね。秋の月を見つめてリンパ浮腫治療への道を誓った頃を思い出しました。
あの頃の自分はともすればへこたれてしまいそうなぎりぎりの気持ちでいたのですが、何故か自分の信じる道が一筋だけ示されていた気がします。そしてその信じたものを決してあきらめない事が大切なのだと思います。と言ってもそんなに若くない私、がむしゃらになる程パワーもないし、自分のペースでしかできないからいつもいつも上手くいくとは限りません。そう、いつも完全である必要はないんですよね。ただ、最後まであきらめないでやり遂げる事。ここを大切にしたいと思います。
  1. 2009/09/06(日) 23:23:21|
  2. ポエム
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:0

キネシオテープはリンパ浮腫に有効か?

キネシオテープは日本で誕生したものだという事をご存知でしょうか。アメリカでカイロプラクティックの診療の経験を長らく積んだ一人の日本人がスポーツ用のホワイトテープで患者さんの関節の腫れと痛みを悪化させた経験から生まれたものだそうです。彼は筋肉が異常に伸ばされると、反対に強い異常な収縮が起こり、関節のずれを引き起こす事になると気づきました。関節の痛みは骨そのものの異常によるものというよりも、その関節を動かす筋肉、そして、それらを包む筋膜にある事に着目し、皮膚と筋肉の伸縮反射を利用したキネシオテープを開発しました。これによって、筋肉が伸びすぎる事無く調整される為、筋肉が動かしやすくなり、又リンパ液などの組織の循環が良くなる為、痛みを感じる受容器への刺激が小さくなるというものです。伸縮性テープが密着した皮膚の下にはサランラップ1枚の厚さのわずかな隙間が作られます。その隙間にリンパ液が流れ込み筋肉や組織間の摩擦も緩和され自然治癒力を発揮しやすくなるというわけです。リンパが流れるという点ではリンパ浮腫には適しているのかどうか、私は実はどうだかなあとずっと疑問視していました。しかし、運動生理学の先生に直接教えを受けてから自分の腕に試しているのです。これが何とかなり効果を実感しています。これからの季節に皮膚への刺激という点はくれぐれも用心しなければいけませんが、もう少し実験を続けていこうと思っています。
  1. 2009/04/13(月) 00:14:37|
  2. リンパ浮腫
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:0

桜の季節、心に吹く風

ふんわりと温かな桜吹雪に心浮き立つ季節です。人々は思い思いのお弁当やお酒などを持って桜の木の下に集います。新学期、新しい世界へと希望を胸に膨らませいるような何となく幸せな空気が日本中に満ちています。だけど、そんな圧倒的に華やかな空気に隔たりを感じてしまう瞬間があるのは私だけでしょうか。世の中が明るく楽しそうな時に我が心の中には寒風が吹きすさぶというような気分です。日本中が桜色に染まる時、ただ目に映る美しさだけではなく、陰と陽の気分を無意識に感じているから一時的に私達はロマンチストになるのではないかとふと思いました。桜の季節にいつもよりうんと感性が高まって絵が生まれ詩が生まれ人は素直に優しくなるのではないかと思いました。今あなたの心にもし痛みを感じているとしたら、それは優しさ、素直さ、柔らかさの証拠です。それはとても素敵な事なんです。こんな風に感じる心を持っている自分は素敵なんだって言ってあげてください。そして、痛みはいつまでも持っていなくてもいいのだと。今すぐ痛みを手放してもあなたは優しくて素直で素敵な人である事には変わりがないと。自分の心を酢のように蝕んでしまうような気分や感情はためらうことなく手放しましょう。病気のあるなしに関わらず健全な心と身体を持ち続けるための春の一口メモでした。
  1. 2009/04/11(土) 23:28:36|
  2. ポエム
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:1

北朝鮮人工衛星失敗

今日のお昼の北朝鮮の実験に対して各国の反応をニュースでやりました。わが国の首相、官房長官は言葉は「断固として抗議する」でありながら何とも弱腰な印象でした。BBCのニュースをインターネットで見てみても日本は"極めて遺憾"という反応をしたとあり、一方韓国は今回の暴挙を許す事はできないという表現だったように思います。わが国の上を飛び越えるなんて本当に甘く見られてますよね。日本の政治家さん達、しっかりしてよという気持ちでいる所にオバマ大統領のスピーチのかっこいい事!何か問題が起こった時って仲間の心が結ばれるチャンスなんだと彼は分かっているんだなあと本当に感心しました。
  1. 2009/04/05(日) 22:47:07|
  2. ポエム
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:0

マンマ・ミーア!

昨夜「マンマ・ミーア」を観て来ました。メリル・ストリープのファンですので、遅がけながら大画面で観ておきたいと思いまして。映画はミュージカル仕立てでギリシャの美しい景色と歌と踊りで元気一杯でした。若者達の歌と踊りのレベルが非常に高くて、メリルと相方の二人のおばちゃん(おばあちゃん?)が、はじけまくって圧倒的でした。その対比がある種切なく、「老いる」ということや「人生を重ねる」ことの意味を強めていました。実は私は何年か前にピンク・レディーの限定復活コンサートにも行った事のある人間ですが、年齢にそぐわないほどのパワフルな姿にこわいものを感じながらも勇気をもらっているのでした。
  1. 2009/04/04(土) 10:34:20|
  2. ポエム
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:0

自転車part2

昨夜、「オーストラリア」という映画を観てきました。
日本軍が悪く描かれていて嫌だったけど、
そこは俳優さんの素敵さでカバーしてくれてました。
二コールキッドマンの乗馬の気持ちで
私は今日もまた自転車で嵯峨まで行ってきました。
だけど、途中でちょっとトラブルがありました。
自転車のネットがチェーンの所に絡まって巻き取られてしまい、どうにもならなく。。。。
困って自転車やに電話しても時間がかかるとのことで。
ふと目を上げると目の前に寂れた自転車屋さんがありまして、
そこのおじいさんにすばやく直してもらいました。
ほんの少し企図振戦がありつつも、その手つきや身のこなしには
アートを感じさせる何かがありました。
直してもらっている間に、空がかき曇り、雨が降ってきてました。
直った自転車に再び乗っていると空は晴れてきたという訳で。
トラブルとかハプニングって起こってはくるけれど、
そこにはちゃんと解決という道も用意されているのだと痛感した次第です。

  1. 2009/03/27(金) 11:49:35|
  2. ポエム
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:0

自転車

近頃私は自転車に乗っています。
重い教科書や解剖学の本を後のかごにどーんと乗せて
電動自転車で通学する為に去年から乗っています。
それまでは車にばかり乗っていた人間にとっては
風を切って走る心地よさと共に色々な新発見をしました。
自分が歩行者の立場で舗道における自転車の暴走ぶり
を非常に苦々しく思っている事もあって
私は可能な限り車道を走ります。
それでも停車したり発進する車やバスがありますから
自転車はその度に怖い思いをしなければなりません。
車道において一番弱い立場の自転車に対して
クラクションを鳴らす不届きもののバスもあるんですよね。
同じ道路なのに自分が何に乗っているかによって
感じ方、視点がこんなにも変わるものなんだという事を
痛感している次第です。
自転車運転わかばマークの私は色々と学習を重ねながら,
有酸素運動も兼ねながら、快適に、安全に、気分良く、効率よくお金もかけない自転車という移動手段を研究しています。
  1. 2009/03/26(木) 15:12:57|
  2. ポエム
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:0

明けましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます。
このブログで新年のご挨拶をするのも2回目となりました。
去年からはかなりのペースダウンをしましたにもかかわらず、訪れていてくださる皆様に感謝しています。本当にありがとうございます。
私は2008年から始めた学生生活が、かなり気に入っています。勉強というものは書物を通してだけではなく、教官の肉声を通じて、あるいは仲間と共に取り組んでこそ自分の中に入ってくるものだという事を感じています。本来は個人個人が資格習得の為に入学してきた学校生活なのです。が、この9ヶ月の間毎日顔を合わせて机を並べ、お互いに実習の相手になったりするうちに、一人一人の個性が現れてきてバリアーがはずされてきて、今やこの年齢的には最高峰の私もいつの間にか若者たちの仲間に入れてもらっているのです。そこで繰り広げられる人間模様の中に身をおいている事が楽しくて幸せだと感じています。この勉強を始めるにあたってはとことん悩んだものでしたが、机の上の勉強だけではない何かを与えられている事、そして又この『理学療法』という点から繋がってくる事の豊かさを思うと去年ぎりぎりの所で決めた事は間違っていなかったと確信しているところです。今後も人体についての知識を深めつつ、今生かされている事の意味を求めていきたいと思います。今年もどうぞよろしくお願いします。
  1. 2009/01/04(日) 12:25:50|
  2. 日常生活
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:0

病気は恵みの存在?

私達は元来、幸せで、健康で、善なる存在であるはずです。が、ともすれば苦しく辛い考え方をする傾向にあるのも私達の現実です。病気はそこに気づかせて本来の状態に戻りなさいというメッセージを伝えてくれる存在だと考える事ができるでしょう。とすれば、病気は災いではなく新しい生き方へと導いてくれる恵みの存在と言う事になります。病気を引き寄せてしまうのは自分を否定しがちな、プレッシャーを与える、ストレスを生み出してしまう考え方であり、それを健全信念に書き直していくという作業は病気であるなしに関わらず大変重要で有意義な仕事です。心を通して病気になり、心を通して癒されるのです。きちんとその部分に向き合って具体的な取り組みができると言う事が人生を豊かにします。私達の心が本当の喜びを感じる時はどんな時なのでしょう?それは自分に起こっている事を嘆くのではなく、『感謝する』事かもしれません。私達が望む出来事は私達が望む形で現れるのではなく、必要な形で現れると信じます。すると、徐々に自己中心性から開放されていき、何事に対しても『感謝』が出来るようになるでしょう。
その状態こそ私達の心に喜びと深い充足感をもたらしてくれるものだと思います。

  1. 2008/12/28(日) 21:50:26|
  2. ポエム
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:0

感情と身体の関係

本当に長らくご無沙汰してしまいました。最近の学校での西洋医学の勉強はますます詳しい領域にはいっております。その一方で私は病気と心の関係から目を離すことが出来ずにいます。施術を通して患者さんに接していく身であるあるセラピストはその表情や身体に現れてくる内面性をも大切にしなければならないと私は考えています。その意味でも自分自身の魂の成長の為にも、人間の『心』の勉強は欠かす事ができないものだと思うのです。
 私達の中に生まれてくる感情、喜びや悲しみは全て私達の意識が作り出すものです。そしてその感情が私達の健康に非常に大きな影響を与えます。この事は昔から語られてきた教えです。しかし、私達は知らず知らずに湧き出してくる自分の感情に振り回され、心に痛みを覚えそして自らの心を傷つけたまま放置します。そんな心のメカニズムを意識する事自体が実は簡単なようでいて、簡単ではありません。特に問題に直面している時には私達はパニックになり、怖れに支配されてしまいストレス状態にはまり込んでしまいます。こんな時には自分の心を観察したり、コントロールする事は非常に困難になってきます。そして心がバランスを崩すと身体もそれに同調するようにバランスを崩すのです。脳という臓器の中に存在する私達の意識、私達の心、私達の感情は脳以外の臓器や系へ細胞レベルでの影響を与え合い、呼応していると言えるでしょう。つまり心に希望を持ち喜びを感じる事によって私達の身体全体が健康へ導かれるという事です。
  1. 2008/12/07(日) 23:09:08|
  2. 勉強
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:0

乳がん診療ガイドライン

先日、乳がんの患者サポート団体のプチセミナーに参加してきました。2年に一回出されている乳がん診療ガイドラインについて聴いてきました。EBMといってエビデンスに基づいた治療というのは皆さんご存知かと思います。その評価基準に推奨グレードというのがあります。A:十分なエビデンスがあり、強く推奨される。B:日常診療で実践するように推奨する。C:エビデンスが十分でない。注意しながら実践する。D:実践しないようにする。というものです。
まず、乳がんの手術で大きな分かれ目は温存か切除かという問題がありますが、病期Ⅰ,Ⅱの乳がんに対する温存療法がAになりました。温存でも乳房切除でも生存率は同じであるという強力なエビデンスがあるというのがその根拠です。
次に術前の化学療法あるいはホルモン療法についてはBランクです。化学療法やホルモン療法を手術前にしても手術後にしても生存率は同じで、同じ温存手術でも小さく切除できるという事になります。
さらにセンチネルリンパ節生検で陰性であればリンパ節の郭清は省略するというのが以前はCからBになっていたのですが、今回Aに昇格しました。ただし、術前化学療法をしてからセンチネルをするのはCだとされています。何故ならばセンチネルをした時点で陰性ならば化学療法によって無くなったものなのかどうかがわからない、つまり抗がん剤をスタートした時点でリンパ節転移があったのかどうかがわからないという理由です。ですから順番としては化学療法を始める前にセンチネル生検をする事になります。
私が手術をした6年前に比べて治療は大変進んできていると思いました。リンパ節の郭清をしなくてもいい人が増えればリンパ浮腫の患者の数は少なくなってくるでしょう。でも、センチネルをしても陽性である場合は治療の一環としてリンパ節は切除するお約束になっています。という事はリンパ浮腫の可能性がゼロになるわけではありません。そして、リンパ浮腫になってしまったら、最大の治療は
”進行させない事”なのです。その為には患者さん本人が自分の身体に何が起こっているのかをよく理解して何をするべきか何を避けるべきかという知識を持つ事が大変重要になってきます。ですが、まだまだその情報提供が不十分であったり、ともすれば適切ではない情報提供をしてしまっている現実もおこっています。私はこの事を考えると心穏やかではいられなくなり、多くのリンパ浮腫の患者さんにお伝えしたい気持ちで一杯になるのです。そのせいで、つい焦ったり悲しくなったりしてしまう私ですが、先ずはPT取得をすることが大切な事と思い定めました。今日は敬老の日。午前中は教会のバザーの売り子になって、夕方からは「生理学」に取り組んで過ごしたのでした。
  1. 2008/09/15(月) 23:04:28|
  2. 情報
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:1
  次のページ >>

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

リンフ☆リバー

Author:リンフ☆リバー
私はリンパ浮腫・むくみ専門サロンリンフ☆リバーのセラピストです。私自身、乳がんの全摘と腋窩リンパ節郭清を経験しております。リンパ浮腫の苦労も並大抵ではありませんでした。でも、そこから出発してセルフケアをする事が出来るようになりました。この経験を通して様々な辛さを持っているかもしれないあなたと繋がる事ができるのだと信じています。このブログがあなたの小さな助けとなりますように。

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。